自慢したくなるフォトブック

自慢したくなるフォトブック

(フォトブックの中に使用した写真です😌)

皆さんこんにちは!
あや@aya.rintama です❤
素敵な母の日を過ごされましたでしょうか?

前回、軽く紹介させて頂いた
『文庫本』
母の日にゆうパックで手元にと届きました🎵

完成品をみてビックリ!
勿論、自分で写真を選んで作ったから内容は知ってるんですが、

書籍になることで新鮮に感じました😍

裏表紙です

こちらが中身です😁

表紙にはタイトルと著者名や帯等が付けれます。
後書きや作品紹介とかも書けて本格的です❤

私は、今回一番ページ数の少ない文庫本を作れるチケットを頂いたのですが、
楽しくなってページ数を追加しちゃいました❤

内容は息子が新生児の時から1歳過ぎまでの一年間撮りためた『お昼寝アート』です。

それでは文庫本の特徴、
作り方を紹介していきます🎵

【文庫本の特徴】

★他のフォトブックと何が違うの?
メリット

・表紙を書籍のように作れるので、
他のフォトブックとはひと味違う
仕上がりになる。
・軽くて薄くて小さいので持ち運びに便利
・人に見せるときやプレゼントしても
邪魔にならないので気軽に使用できる。
・他のフォトブックより文字を
多く入れられるので個性を出しやすい。
・文庫本と同じサイズなので、本棚に収まる。

デメリット

・紙の材質が薄いので、画質や質感にクオリティを
求めるのにはあまり向かない。
・撥水力がない。

と言う所でしょうか!

多少デメリットもありますが、何の用途に使うかを明確にすればメリットの方が多いかなと思います😁

ただ!サイズが小さいのでご年配の方への
プレゼントは大きなサイズのフォトブックにした方が
喜ばれるかもですね❤

【作り方とポイント】

①まずはスマホかPCでホームページを立ち上げます。
※PCからの方が編集もできて楽です

②文庫本にしたい写真を選んでおきます。
PCでされる方は一括で写真を
アップロード出来るので
船用のフォルダーを作って
バックアップもとっておくと良いでしょう。
写真の明るさの調整や大きさが変えられないので、事前に明るくしたりトリミングしておくと綺麗に仕上がります。
※テンプレートにはめるときに四隅が少し切れるのでゆとりをもってトリミングした方が良いです。

③自分の作りたいフォトブックを選択する
※普通のフォトブックとかもあるのですが、今回は文庫本に絞って説明します。

④フォトブックのページ数を選択します。
※後でページ数は追加できますのでだいたいなんページにしたいかで選んで大丈夫です🎵

⑤写真をアップロードします。
説明文が書いてあるのですがとっても簡単に
アップロードできますよ❤

⑥表紙を作っていきます。
テンプレートと写真を選んで、
帯の色やタイトルや著者名を入れていきます。
※全ページ後こら変更や修正も出来ます。
※フォントも選べますよ。

⑦中のページも作っていきます。
写真の選択はドラック&ドロップなので楽々❗
写真を入れる前に向きも変えれますよ。
※大きくしたい写真は2つのページに渡って写真を入れたり、文章を沢山入れたいときは写真を小さくすると文字数が増えます。

⑧こまめに保存しておきましょう。

⑨全部のページができたら再度間違いがないか、
写真のズレが無いかを確認して下さい。

⑩全ての確認が終わったら購入手続きに進みます。
個人情報を入れたり追加で購入するものがあればこちらで追加していきます。
サービスチケット等がある方は購入手続きの時に入力しましょう。

⑪あとは届くのを心待にするだけです❤
※別の住所にも配送してくれます。
プレゼントなら領収書を無しにすることもできますよ🎵

いかがでしたでしょうか?
文字にすると長くて難しそうに思うかもですが、
実際にするととても簡単です🎵

個人的には、世のご主人様にお伝えしたい!
『是非、お子様の1歳の誕生日の時、奥様に一年間の感謝の気持ちと共に渡してあげてください』

子供が1歳になると言うことは、お母さんも1歳になったと言うこと。
何人子供を生んだって、赤ちゃんにだって個性はあります。
全く同じ子育てなんてありません。

ご主人様が汗水流して働いてくれてる間、奥様は汗水流し、時に涙を流しながら子育てしてくれています。

食べるのに困らないのはご主人様のお陰ですが、小さな子供がいても安心して働けるのは、毎日手探り状態で育児をしてくれている奥様のお陰です。

そんな、お子さんと一緒に成長してきた奥様に妊娠中や成長していくお子様の写真と共にプレゼントすれば、ご主人様の株が上がることも間違いなし!!

※ポイントはサプライズで用意して、ちゃんとお小遣いの中から支払うことですよ!!
(とっても大事です)

その他にも、子供の工作で作った絵や作品を文庫本にしたり、送別会のプレゼントにしたり出来ます✨
ホームページでは、皆が作った作品を見ることも出来るようです❤

ちなみに私は、子供が少し大きくなったときに見て欲しいと思い、最後のページにお手紙を書きました😆💕

皆さんも是非素敵な作品を作ってくださいね🎵

ホームページを紹介しておきます。
※今なら新規登録でビニール性の文庫本カバーが1つプレゼントになりますよ🎵

【photo back】
(BUNKO)
https://www.photoback.jp/book/bunko

私が今回作らせていたのはこちらのサイトですが
他にも文庫サイズのフォトブックが作れるサイトもあるので、
是非1つの参考にしてみてくださいね❤

Instagram にて、5/18よりInstagramにて一部中身を紹介しますので、良かったら見てみて下さい。



*̣̩*.*・゚*̣̩*··.*・゚*̣̩*.*・゚*̣̩**̣̩*

instaglam @ aya.rintamaᵗᑋᵃᐢᵏ ᵞᵒᵘ*

*̣̩*.*・゚*̣̩*··.*・゚*̣̩*.*・゚*̣̩**̣̩*.*・゚
mamachanel⍨⃝︎💭*̣̩꙳✧‧˚

line (@mamachannel)*̣̩
@instaglam @mama.channel
✉mamachannel@outlook.jp  🗯
*̣̩*.*・゚*̣̩*··❁.*・゚*̣̩꙳*.*・゚*̣̩*.*・゚

line (@mamachannel)

LINE登録お願いします!


ランキングサイト↓↓運営の為にclickお願いします!!

☚クリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログへ☚クリックお願いします。

The following two tabs change content below.
aya.rintama
1歳の男の子ママです♡ 子育てのモットーは、息子と二人三脚で上からではなく、隣で支えあっていけるような親子でいたいなと思ってます☻ 好奇心旺盛なママ、それに付き合わされている息子の日常です♬ 私の子育てが誰かの役に立てれば良いな✨ よろしくお願いいたします♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

aya.rintama

1歳の男の子ママです♡ 子育てのモットーは、息子と二人三脚で上からではなく、隣で支えあっていけるような親子でいたいなと思ってます☻ 好奇心旺盛なママ、それに付き合わされている息子の日常です♬ 私の子育てが誰かの役に立てれば良いな✨ よろしくお願いいたします♬