わが子を英語が話せる子に 〜子どもの未来のために私が選んだ方法〜

 

1️⃣1歳3ヶ月のムスメの様子

以前の記事で、「英語で子育て」について書きましたが、今でも頑張って継続しています٩( ᐛ )و
そもそもなぜ私が英語にこだわっているのかというと、大きく2つの理由があります。
まず1つは自分が子どものときから英語に興味がありながら、未だに英語を十分に話せないからです。
今まで何度も「ここで英語が話せたなら・・
という悔しい、もどかしい思いをしてきたからです。

2つ目は、今の子どもたちが大人になる頃には、英語が今よりはるかに必要とされる時代になると言われているからです。
小学校でも教科になります。だから、今のうちから楽しみながら英語を学べたらいいなと思ったからです。

ムスメは1歳3ヶ月ですが、まだ言葉らしい言葉は出ません。しかし、日本語のインプットはしっかりできていて、大人が言ったことはよーく理解しています。

  • これ、トト(父)に渡してきて!
  • ゴミ箱に捨ててきて!
  • 「おごちそうさまでした」は?
    などを言うと、きちんとそれぞれの行動をします。

英語も少しずつ理解していて、

  • headやtoes
    と言うと、その部位を指します。
    また、
  • Dinner is ready.Sit on your chair.
    (夕ご飯出来たよ!座って〜)
    と言うと自分からイスに座りにきます。

 

 

2️⃣さて、どうやって英語を学ぼう⁇

 

英会話教室か、英語教材か・・しばらく迷いました。そして、家庭でできる英語教材を検討することにしました。その理由は、
①日常生活の中に英語を入れたかったから
②親も一緒に学びたかったから
③週に1回の英会話教室では物足りないと感じたから→これは以前自分が大人になって通った経験からです( ཀ͝ ∧ ཀ͝ )そのときは英語モードになるのですが、週6日は英語のことを忘れて過ごしていた苦い経験からです。
そして、いくつかの英語教材を検討しました。
検討していく中で、それぞれにメリット・デメリットがあることがわかりました。
しかしながらそれは当然で、あとは何をどこまで求めるのか、子どもに将来どうなって欲しいのかで、何を使うのかが決まってくるなと感じました。
最終的に「ディズニー英語システム」の無料体験をお願いすることにしました。申し込んでからすぐに日程の調整をしてもらい、数日後に自宅で体験をしました。

 

ディズニー英語システムは、40周年を迎えるそうで、ミニーのパペットをプレゼントしてもらいました❤︎
ぬいぐるみを抱っこするのが大好きなムスメは大喜びでした。

いよいよ体験が始まりました。体験の間は、ずっとDVDを流したままです。
ムスメはそれを見たり見なかったり。でも、それでいいのだそう。英語を聞いて、inputさせることが大事とのこと。

 

3️⃣知らなかった⁉︎英語を学ぶ上で大切なこと

🔴英語の習得について知ったこと🔴
【その1】
○言語の習得には2000時間のインプットが必要であるということ
しかも、大人の会話でも映画でも何でもいいのかというとそうではなく、その年齢や発達段階に合った言語を聞かせることが大切なのだそうです。

日本人の赤ちゃんが日本語を話し始めるといわれる2歳までに、どのくらい大人の会話やテレビ、ラジオの声、語りかけなどの日本語を聞いているか・・⁇
1年365日✖️2年=2190時間になります。2歳ですでに2000時間以上の日本語をインプットしている計算になります。

→2000時間のインプットと聞いて気が遠くなる😭と感じましたが、家庭で聞けるDVDやCDならできそうだと思いました。

【その2】
○脳のゴールデン・エイジは0歳から3歳‼︎
「まだ日本語を習得していないのに英語を聞いたら混乱する」という話を聞いたことがありませんか。それは全くの迷信なのだそうです。それどころか、3歳まではスポンジのようにグングン吸収する時期だそうです。

 

ワールド・ファミリー株式会社
「ワールド・ファミリー・メソッドのご案内」より

赤ちゃんの脳は、世界中のあらゆる言語を身につけられる可能性を秘めているんです。
この時期に日本語と英語の両方の環境に身を置けば、日本語と同様に英語の言語回路も発達しはじめます。

しかし、日本語だけの環境にいると、英語の回路となる可能性のあったニューロンが消えていき、日本語に特化した言語回路が発達し始めます。
《大井 静雄 医学博士
ドイツ・ハノーバー国際神経科学研究所
小児脳神経外科 名誉教授》

 

【その3】
○英語の習得には、インプットとアウトプットが必要!

言語の習得には、年齢や発達段階に合った言語を聞いた上で(インプット)、さらにそれを使う(アウトプット)ことが必要。ただ聞いていればよいというわけではないということを知りました。

 

これらのことを知り、できるだけ早い時期に英語を始めたいという思いが強くなりました。そして、ついにディズニー英語システムを始めることにしました。決め手となったことは多々ありましたが、何よりサンプルでいただいた英語の歌のCDやDVDをムスメが気に入り、踊ったり口をパクパクしながら楽しそうに聴いたりしていたからです。普段、ほとんどテレビを見せていないムスメはあまり映像に反応しないのですが、これにはなぜか反応⁉︎決定的な反応でした。

 

 

4⃣教材が届いた‼️

いよいよ待ちに待った教材が届きました。大量の教材です。ムスメも大はしゃぎ🎶

奥に見えるのが教材の箱ですが、まだ写っていない所にもあります。いろんな教材があるので、早く、「何を」「いつ」「どのように」使うのかを親が把握しなくては宝の持ち腐れになってしまいます。そんな心配を解消してくれるサポート体制がありました。それは、始めたばかりのユーザーを対象にオリエンテーションのようなことをしてくれるサービスです。まずはそれに参加する予定にしています。教材を選ぶときは、それぞれの会社の強みやウリがあると思うので、そこまで考えて選ぶのがよいと思いました。

 

ズラリと並んだ本やCDやDVD‼︎写っていない所にもまだまだ楽しい教材がたくさん・・・🎶

「英語を学ぶ」というより「遊びながら英語を習得する」という感覚なのだそうです。確かに子どもは1日の大部分を遊んで過ごしますし、遊びの中からいろんなことを学ぶとも言いますよね。今は、まさに教材の中でも遊びの要素が強い教材を気に入って触っています。また、繰り返し聴かせている英語の歌には、初めて聞く歌よりも明らかに反応がいいです。

 

まだ始めたばかりなので効果のほどはわかりませんが、とにかくムスメが楽しんでくれていることが何よりの収穫です。ムスメの未来を想像すると、とってもワクワクしてきます◡̈❤︎また、その後の様子をレポート致します✨

 

The following two tabs change content below.
saopeco30
9年間の不妊治療の末、やっと授かったムスメとの日々を綴ります❤︎子育てがもっと楽しくキラキラしたものになりますように★そう願って記事を書いていきます Instagram →saopeco30

ABOUTこの記事をかいた人

saopeco30

9年間の不妊治療の末、やっと授かったムスメとの日々を綴ります❤︎子育てがもっと楽しくキラキラしたものになりますように★そう願って記事を書いていきます Instagram →saopeco30